ニュース & トピックス

炭竈特命助教らの研究成果について記者会見を行いました。

10月6日、炭竈特命助教らによる最近の研究成果(論文名"Digitalized K+ Occupancy in the Nanocavity Holds and Releases Queues of K+ in a Channel")について記者発表を行いました。この研究成果は、米国の科学雑誌"Journal of the American Chemical Society"に掲載されております(Sumikama & Oiki, JACS 138, 10284–10292)。



記者会見の様子

公開日:2016-10-07

老木教授が福井県科学学術大賞を受賞しました。 | 松木助教の研究成果がメディアで紹介されました。