研究業績

著書・総説

2015

  1. A. Yamakata, H. Shimizu, S. Oiki
    Surface-enhanced IR absorption spectroscopy of the KcsA potassium channel upon application of an electric field
    Phys. Chem. Chem. Phys. (2015) in press

2014

  1. 老木成稔
    イオン透過装置:イオンチャネル
    1分子ナノバイオ計測〜分子から生命システムを探る革新的技術(野地博行編集)、化学同人(2014)

2013

  1. 老木成稔
    イオンチャネル:チャネルとその機能をつなぐ膜
    ゆらぎ・ダイナミクスと生体機能 -物理化学的視点から見た生体分子-(寺島正秀編集),化学同人,(2013) p253-266

2011

  1. 老木成稔
    イオンチャネルタンパク質の構造変化を追う
    パリティ 26 (2011) 52-56
  2. 老木成稔
    チャネル研究のための脂質平面膜法
    新パッチクランプ実験技術法 (岡田泰伸編集),吉岡書店(2011)
  3. 久木田文夫,老木成稔
    序論:イオンチャネル
    新パッチクランプ実験技術法 (岡田泰伸編集),吉岡書店(2011)
  4. S. Oiki
    Gating dynamics of the potassium channel pore
    Comprehensive Biophysics, Edward Egelman Ed. Academic Press (2011)
  5. S. Oiki
    The planar lipid bilayer method for the study of channel molecules
    Modern Patch Clamp Techniques, Y. Okada Ed. Springer-Verlag (2011)
  6. F. Kukita, S. Oiki
    Prologue: The ion channel
    Modern PatchClamp Techniques, Y. Okada Ed. Springer-Verlag (2011)

2010

  1. S. Oiki
    Single-channel structure-function dynamics: The gating of potassium channels
    Cell Signaling Reactions: Single-Molecular Kinetic Analysis, Eds. Y. Sako and M. Ueda, Springer (2010) 79-105
  2. 老木成稔
    KcsAチャネル蛋白質の1分子測定による構造ゆらぎと機能ゆらぎ
    Medical Bio (2010) 55-60

学術論文

2016

  1. T. Sumikama, S. Oiki
    Digitalized K+ Occupancy in the Nanocavity Holds and Releases Queues of K+ in a Channel
    J. Am. Chem. Soc. 138 (2016) 10284−10292
  2. T. Sumikama
    Origin of the Shape of Current-Voltage Curve through Nanopores: A Molecular Dynamics Study
    Sci. Rep. 6 (2016) 25750
  3. Y. Matsuki, M. Iwamoto, K. Mita, K. Shigemi, S. Matsunaga, S. Oiki
    Rectified proton Grotthuss conduction across a long water-wire in the test nano-tube of the polytheonamide B channel
    J. Am. Chem. Soc. 138 (2016) 4168–4177

2015

  1. H.K. Chang, M. Iwamoto, S. Oiki, R.C. Shieh
    Mechanism for attenuated outward conductance induced by mutations in the cytoplasmic pore of Kir2.1 channels
    Sci. Rep. 5 (2015) 18404
  2. Y. Furutani, H. Shimizu, Y. Asai, S. Oiki, H. Kndori
    Specific interactions between alkali metal cations and the KcsA channel studied using ATR-FTIR spectroscopy
    Biophys. Physicobiol. 12 (2015) 37-45
  3. M. Iwamoto, S. Oiki
    Contact bubble bilayers with flush drainage
    Sci. Rep. 5 (2015) 9110
  4. H. Nakao, K. Ikeda, M. Iwamoto, H. Shimizu, S. Oiki, Y. Ishihama, M. Nakano
    pH-dependent promotion of phospholipid flip-flop by the KcsA potassium channel
    Biochim. Biophys. Acta-Biomembr. 1848 (2015) 145-150

2014

  1. S. Phongphanphanee, N. Yoshida, S.Oiki, F. Hirata
    Distinct configurations of cations and water in the selectivity filter of the KcsA potassium channel proved by 3D-RISM theory
    J. Mol. Liq. 200 (2014) 52-58
  2. A. Sumino, D. Yamamoto, M. Iwamoto, T. Dewa, S. Oiki
    Gating-coupled clustering-dispersion dynamics of the KcsA potassium channel in a lipid membrane
    Biophys. J. 106 (2014) 746a
  3. A. Sumino, D. Yamamoto, M. Iwamoto, T. Dewa, S. Oiki
    Gating-associated clustering−dispersion dynamics of the KcsA
    potassium channel in a lipid membrane
    J. Phys. Chem. Lett. 5 (2014) 578-584
  4. M. Iwamoto, S. Matsunaga, S. Oiki
    Paradoxical one-ion pore behavior of the long β-helical peptide of marine cytotoxic polytheonamide B
    Sci. Rep. 4 (2014) 3636
  5. S. Phongphanphanee, N. Yoshida, S.Oiki, F. Hirata
    The “ambivalent” snug-fit sites in the KcsA potassium channel probed by “3D-RISM microscopy”
    Pure Appl. Chem. 86 (2014) 97-104

2013

  1. A. Yamakata, H. Shimizu, M. Osawa, S. Oiki
    Structural changes of the KcsA potassium channel upon application of the electrode potential studied by surface-enhanced IR absorption spectroscopy
    Chem. Phys. 419 (2013) 224-228
  2. R. Watanabe, K. V. Tabata, R. Iino, H. Ueno, M. Iwamoto, S. Oiki, H. Noji
    Biased Brownian stepping rotation of FoF1-ATP synthase driven by proton motive force
    Nat. Commun. 4 (2013) 1631
  3. A. Sumino, T. Sumikama, M. Iwamoto, T. Dewa, S. Oiki
    The open gate structure of the membrane-embedded KcsA potassium channel viewed from the cytoplasmic side
    Sci. Rep. 3 (2013) 1063
  4. M. Iwamoto, S. Oiki
    Amphipathic antenna of an inward rectifier K+ channel responds to changes in the inner membrane leaflet
    Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 110 (2013) 749-754
  5. M. Iwamoto, S. Oiki
    The sensing sites for the membrane inner lipids regulate the activation gating of the KcsA potassium channel
    Biophys. J. 104 (2013) 128a
  6. T. Sumikama, S. Saito, S. Oiki
    Dependency of ion permeation pattern on K+ concentration through the Kv1.2 channel
    Biophys. J. 104 (2013) 123a
  7. S. Ryu, YN. Imai, S. Oiki
    The synergic modeling for the binding of fluoroquinolone antibiotics to the hERG potassium channel.
    Bioorg. Med. Chem. Lett. 23 (2013) 3848-3851
  8. T. Sumikama, S. Saito, I. Ohmine
    Mechanism of ion permeation through a model channel: Roles of energetic and entropic contributions
    J. Chem. Phys. 139 (2013) 165106

2012

  1. Y. Furutani, H. Shimizu, Y. Asai, T. Fukuda, S. Oiki, H. Kandori
    ATR-FTIR spectroscopy revealing the different vibrational modes of
    the selectivity filter interacting with K+ and Na+ in the open and
    collapsed conformations of the KcsA potassium channel
    J. Phys. Chem. Lett. 3 (2012) 3806-3810
  2. S. Imai, M. Osawa, K. Mita, S. Toyonaga, A. Machiyama, T. Ueda, K. Takeuchi, S. Oiki, I. Shimada
    Functional equilibrium of the KcsA structure revealed by NMR
    J. Biol. Chem. 287 (2012) 39634-39641
  3. H. Shimizu, M. Iwamoto, T. Konno, A. Royant, D. Setten, L. Guerin, M. Wulff, S. Oiki
    Laser-Triggered Single Molecular Gating Motions of the KcsA Potassium Channels Recorded in a Sub-Millisecond Time Resolution
    Biophys. J. 102 (2012) 37a
  4. T. Sumikama, S. Saito, S. Oiki
    Role of Central Cavity in Ion Permeation through the Kv1.2 Channel
    Biophys. J. 102 (2012) 333a
  5. M. Iwamoto, S. Oiki
    The Asymmetric Lipid Bilayer Revealed Sidedness of the Effective Phospholipids on the Single-Channel Properties of the KcsA Potassium Channel
    Biophys. J. 102 (2012) 537a

2011

  1. S. Oiki, H. Shimizu, M. Iwamoto, T. Konno
    Single Molecular Gating Dynamics for KcsA Potassium Channel
    Adv. Chem. Phys. 146 (2011) 147-194
  2. M. Iwamoto, S. Oiki
    Counting ion and water molecules in a streaming file through the open-filter structure of the K channel
    J. Neurosci. 31 (2011) 12180-12188
  3. M. Yanagisawa, M. Iwamoto, A. Kato, K. Yoshikawa, S. Oiki
    Oriented reconstitution of a membrane protein in a giant unilamellar vesicle: Experimental verification with the potassium channel KcsA
    J. Am. Chem. Soc. 133 (2011) 11774–11779
  4. S. Oiki, M. Iwamoto, T. Sumikama
    Cycle flux algebra for ion and water flux through the KcsA channel single-file pore links microscopic trajectories and macroscopic observables
    PLoS ONE 6 (2011) e16578
  5. T. Mori, H. kokubo, S. Oiki, Y. Okamoto
    Dynamic structure of the polytheonamide B channel studied by normal mode analysis
    Molec. Sim. 37 (2011) 975-985

2010

  1. M. Iwamoto, H. Shimizu, I. Muramatsu, S. Oiki
    A cytotoxic peptide from a marine sponge exhibits ion channel activity through vectorial-insertion into the membrane
    FEBS Lett. 584 (2010) 3995-3999
  2. S. Oiki, M. Iwamoto, T. Sumikama
    A mesoscopic approach to understanding the mechanisms underlying the ion permeation on the discrete-state diagram
    J. Gen. Physiol. 136 (2010) 363-365
  3. K. Hayashi, K. Mita, T. Sawa
    Electroencephalographic changes in the late cardiopulmonary bypass period are not reflected in the bispectral index
    Clin. Neurophysiol. 121 (2010) 1198-1204
  4. M. Iwamoto, H. Shimizu, I. Muramatsu, S. Matsunaga, S. Oiki
    A Cytotoxic Peptide from a Marine Sponge, Polytheonamide B: I. Channel Activity and Vectorial-Insertion Into the Membrane
    Biophys. J. 98 (2010) 110a
  5. M. Iwamoto, H. Shimizu, I. Muramatsu, S. Matsunaga, S. Oiki
    A Cytotoxic Peptide from a Marine Sponge, Polytheonamide B; II. Properties for Ion Conduction and Voltage Dependent Gating
    Biophys. J. 98 (2010) 109a
  6. Y. Matsuki, M. Iwamoto, H. Shimizu, S. Oiki
    pH-Dependent gating of KcsA potassium channel
    Biophys. J. 98 (2010) 314a
  7. T. Sumikama, I. Ohmine, S. Oiki
    Microscopic Mechanism of Ion Permeation through K+ Channel
    Biophys. J. 98 (2010) 331a

学会発表

2016

  1. 炭竈享司,三田建一郎,老木成稔
    K+チャネルを通るイオン透過と選択性をつなぐ
    第93回日本生理学会大会,2016.3,札幌
  2. 角野歩,内橋貴之,老木成稔
    カリウムチャネルKcsAの膜内集合・離散:高速原子間力顕微鏡観察と脂質種の影響
    第93回日本生理学会大会,2016.3,札幌
  3. 岩本真幸,老木成稔
    油中水滴接触膜でのイオンチャネル電流測定中に脂質二重膜組成を瞬間的に変更する試み
    第93回日本生理学会大会,2016.3,札幌

2015

  1. 岩本真幸,老木成稔
    液滴接触膜を応用したイオンチャネル機能解析法
    第62回中部日本生理学会,2015.11,富山
  2. 清水啓史
    蛋白質の分子揺らぎと構造変化を計測するX線1分子動態計測法の開発
    第53回日本生物物理学会年会,シンポジウム「動的構造生命科学を拓く新発想測定技術」,2015.9,金沢
  3. 岩本真幸,老木成稔
    流動電位測定により明らかにされたカリウムチャネルポア内でのイオンと水の共役的透過
    第53回日本生物物理学会年会,シンポジウム「電気生理学的アプローチによる膜タンパク質構造機能相関」,2015.9,金沢
  4. 炭竈享司,三田建一郎,老木成稔
    イオン透過と選択性を記述する速度論モデル
    第53回日本生物物理学会年会,2015.9,金沢
  5. 岩本真幸,老木成稔
    微小な液滴接触膜の形成とイオンチャネル機能解析への応用
    第53回日本生物物理学会年会,2015.9,金沢
  6. 松木悠佳,岩本真幸,松永茂樹,老木成稔
    ポリセオナミドBチャネルのpH依存性ゲーティング機構
    第53回日本生物物理学会年会,2015.9,金沢
  7. 角野歩,内橋貴之,山本大輔,岩本真幸,出羽毅久,老木成稔
    高速原子間力顕微鏡で見る膜中カリウムチャネルKcsAの動的挙動
    第53回日本生物物理学会年会,2015.9,金沢
  8. 今野卓
    Attempts at CA-type formal analysis of fibrous assembly of particles
    第53回日本生物物理学会年会,2015.9,金沢
  9. 炭竈享司,老木成稔
    K⁺チャネルの選択性フィルタの構造揺らぎのコンピュータシミュレーションによる可視化
    第92回日本生理学会大会,2015.3,神戸
  10. 松木悠佳,岩本真幸,松永茂樹,老木成稔
    ポリセオナミドBチャネルのゲーティング機構
    第92回日本生理学会大会,2015.3,神戸
  11. 角野歩,内橋貴之,山本大輔,岩本真幸,出羽毅久,老木成稔
    高速原子間力顕微鏡で見るカリウムチャネルKcsAの動的挙動
    第92回日本生理学会大会,2015.3,神戸
  12. 岩本真幸,老木成稔
    液滴内潅流による液滴接触膜上でのチャネル機能解析法
    第92回日本生理学会大会,2015.3,神戸
  13. 清水啓史,岩本真幸,太田裕美子,老木成稔
    1分子動態計測によるKcsAカリウムイオンチャネルの開閉制御機構
    第92回日本生理学会大会,2015.3,神戸
  14. 老木成稔
    イオンチャネルと水動態
    第2回「水シグナリングの分子動態から病態へ」研究会,2015.3,福井

2014

  1. 岩本真幸, 老木成稔
    脂質はイオンチャネルのゲート開閉をどの様に制御するのか?:新奇脂質センサーによる制御機構
    第52回日本生物物理学会年会,シンポジウム「ポンプとチャネルはどちらが偉いのか」,2014.9,札幌
  2. 松木悠佳, 岩本真幸, 松永茂樹, 老木成稔
    チャネル内の水素結合鎖を介するプロトン透過の整流性
    第52回日本生物物理学会年会,2014.9,札幌
  3. 清水啓史,岩本真幸,太田裕美子,老木成稔
    KcsAカリウムチャネルの開構造への構造変化前における分子揺らぎの増大
    第52回日本生物物理学会年会,2014.9,札幌
  4. 炭竈享司,斉藤真司,老木成稔
    Kv1.2でのイオン透過における透過パターンの解析
    第52回日本生物物理学会年会,2014.9,札幌
  5. 角野歩, 山本大輔, 岩本真幸, 出羽毅久, 老木成稔
    カリウムチャネルKcsAのゲート開閉と連動した膜中集合・離散
    第52回日本生物物理学会年会,2014.9,札幌
  6. 松木悠佳, 三田建一郎, 岩本真幸, 重見研司, 老木成稔
    麻酔薬の細胞膜を介したカリウムチャネル制御機構の解明
    日本麻酔科学会東海・北陸支部第12回学術集会,2014.9,金沢
  7. 老木成稔
    チャネル膜蛋白質KcsAの一分子構造‐機能と膜内ダイナミクス
    日本膜学会第36年会,境界領域シンポジウム「膜解析の最前線~生体膜・膜タンパク質から膜擬膜,ソフトマターまで」,2014.5,東京
  8. 老木成稔
    チャネル蛋白質と水動態
    研究会「水シグナリングの分子動態から病態へ」,2014.3,福井
  9. 老木成稔
    チャネル機能の再構成と再生:ポスト結晶時代の単一チャネル研究
    第91回日本生理学会大会,招待講演,2014.3,鹿児島
  10. 松木悠佳, 岩本真幸, 松永茂樹, 老木成稔
    ポリセオナミドBチャネルのプロトン透過:単一チャネル電流記録とプロトン透過モデル
    第91回日本生理学会大会,2014.3,鹿児島
  11. 角野歩, 山本大輔, 岩本真幸, 出羽毅久, 老木成稔
    カリウムイオンチャネルKasAのゲート開閉と連動した膜中集合・離散挙動:原子間力顕微鏡による直接観察
    第91回日本生理学会大会,2014.3,鹿児島
  12. 岩本真幸, 老木成稔
    膜脂質組成がKcsAカリウムチャネルの不活性化ゲート開閉に及ぼす影響
    第91回日本生理学会大会,2014.3,鹿児島
  13. A. Sumino, D. Yamamoto, M. Iwamoto, T. Dewa, S. Oiki
    Gating-coupled clustering-dispersion dynamics of the KcsA potassium channel in a lipid membrane
    Biophysical Society 58th Annual Meeting, 2014.2, San Francisco (USA)
  14. M.Iwamoto, S.Oiki
    Membrane lipids modulate the inactivation gating of the KcsA potassium channel
    Biophysical Society 58th Annual Meeting, 2014.2, San Francisco (USA)

2013

  1. S.Oiki, T. Sumikama
    Hydrophobic Cavity in the Potassium Channels: Anomalous Nanospace Controlling Ion Condition
    3rd International Conference on Molecular Sumilation, 2013.11, 神戸
  2. 今野卓
    アミロイドと可溶性蛋白質の間の相互作用の幾つかの一般的側面
    第51回日本生物物理学会年会,2013.10,京都
  3. 角野歩,山本大輔,炭竈享司,岩本真幸,出羽毅久,老木成稔
    カリウムイオンチャネルKcsAのゲート開閉とリンクした脂質膜中での集合・離散ダイナミクス
    第51回日本生物物理学会年会,シンポジウム「最新イオンチャネル1分子科学:素過程から疾患克服まで」,2013.10,京都
  4. 炭竈享司,斉藤真司,老木成稔
    K+チャネルの中心空洞内の水の配向は静電的相互作用を増強する
    第51回日本生物物理学会年会,2013.10,京都
  5. 岩本真幸,老木成稔
    負に帯電した膜内葉表面でのアミノ末端両親媒性へリックスの回転がKcsAカリウムチャネルの開状態を安定化する
    第51回日本生物物理学会年会,2013.10,京都
  6. 清水啓史,岩本真幸,老木成稔
    高時間分解能で蛋白質の分子揺らぎと構造変化を計測するためのX線1分子動態計測法の開発
    第51回日本生物物理学会年会,2013.10,京都
  7. 清水啓史
    イオンチャネル開閉構造変化のX線1分子動画計測 ─分子揺らぎと構造変化の相関の解明を目指して─
    日本物理学会第68回年会,シンポジウム「タンパク質の動きを解き明かす一分子計測の最前線」, 2013.3,広島
  8. 老木成稔
    チャネルのイオン選択性機構
    第90回日本生理学会大会,シンポジウム「腎尿細管の膜機能タンパク:分子から疾患まで」,2013.3,東京
  9. 松木悠佳、三田建一郎、炭竈享司、岩本真幸、清水啓史、老木成稔
    ポリセオアミドBのプロトン透過とpH依存性ゲーティング
    第90回日本生理学会大会,2013.3,東京
  10. 岩本真幸,老木成稔
    KcsA カリウムチャネルの活性化ゲート開閉に影響を及ぼす細胞内脂質センサー部位の同定
    第90回日本生理学会大会,2013.3,東京
  11. M. Iwamoto, S. Oiki
    The sensing sites for the membrane inner lipids regulate the activation gating of the KcsA potassium channel
    Biophysical Society 57th Annual Meeting, 2013.2, Philadelphia (USA)
  12. T. Sumikama, S. Saito, S. Oiki
    Dependency of ion permeation pattern on K+ concentration through the Kv1.2 channel
    Biophysical Society 57th Annual Meeting, 2013.2, Philadelphia (USA)

2012

  1. 清水啓史,岩本真幸,A. Royant,D. Setten,L. Guerin,青木義満,M. Wulff,老木成稔
    KcsA カリウムイオンチャネルの溶液条件変化応答1 分子開閉ダイナミクスの解析
    第50回日本生物物理学会年会,シンポジウム「先端顕微計測が照らす生命の輝き」,2012.9,名古屋
  2. 炭竈享司,斉藤真司,老木成稔
    Kv1.2 チャネルでの選択的イオン透過
    第50回日本生物物理学会年会,2012.9,名古屋
  3. 岩本真幸,老木成稔
    KcsA カリウムチャネル活性に影響を及ぼすリン脂質作用部位の同定
    第50回日本生物物理学会年会,2012.9,名古屋
  4. 老木成稔,岩本真幸,炭竃享司,清水啓史
    カリウムチャネルの選択透過性とゲーティング
    平成24年度生理学研究所研究会「膜機能分子の機能・構造ゆらぎの時空間スペクトル解析」,2012.9,岡崎
  5. 清水啓史,岩本真幸,今野卓,A. Royant,D. Setten,L. Guerin,M. Wulff,老木成稔
    サブミリ秒時間スケールでのKcsA カリウムイオンチャネル開閉構造変化の1 分子動画計測
    第12回日本蛋白質科学会年会,シンポジウム「YouTube 時代の構造生物学」, 2012.6,名古屋
  6. 老木成稔
    KcsAチャネルのpH依存性ゲーティング:構造機能一分子測定
    第89回日本生理学会大会,シンポジウム「作動中の膜機能分子の姿を動画で捉える―動画で見て、何を知りたいのか。知って何がわかるのか―」,2012.3,松本
  7. 三田建一郎,岩本真幸,老木成稔
    KcsA カリウムチャネルのフィルター入口のリチウムに対する高いバリア
    第89回日本生理学会大会,2012.3,松本
  8. 清水啓史,岩本真幸,今野卓,A. Royant,D. Setten,L. Guerin,M. Wulff,老木成稔
    サブミリ秒の時間スケールでイオンチャネルの閉構造から開構造へ遷移を1分子で捉える光トリガーX 線1分子計測法の開発
    第89回日本生理学会大会,2012.3,松本
  9. 岩本真幸,老木成稔
    非対称脂質二重膜を用いたKcsA カリウムチャネル機能に影響を及ぼす陰イオン性リン脂質作用部位の検討
    第89回日本生理学会大会,2012.3,松本
  10. 炭竈享司,斉藤真司,老木成稔
    K+チャネルでのイオン透過における中心空洞の役割:計算機シミュレーションにより可視化されたイオン透過のメカニズム
    第89回日本生理学会大会,2012.3,松本
  11. H. Shimizu, M. Iwamoto, T. Konno, A. Royant, D. Setten, L. Guerin, M. Wulff, S. Oiki
    Laser-Triggered Single Molecular Gating Motions of the KcsA Potassium Channels Recorded in a Sub-Millisecond Time Resolution
    Biophysical Society 56th Annual Meeting, 2012.2, San Diego (USA)
  12. T. Sumikama, S. Saito, S. Oiki
    Role of Central Cavity in Ion Permeation through the Kv1.2 Channel
    Biophysical Society 56th Annual Meeting, 2012.2, San Diego (USA)
  13. M. Iwamoto, S. Oiki
    The asymmetric lipid bilayer revealed sidedness of the effective phospholipids on the single-channel properties of the KcsA potassium channel
    Biophysical Society 56th Annual Meeting, 2012.2, San Diego (USA)
  14. 炭竈享司
    K+チャネルにおけるイオンの透過と選択性の交差点
    平成23年度「若手研究者による分野間連携研究プロジェクト」NINS program for cross-disciplinary study 山中&古谷プロジェクト冬の合同会議,2012.1,箱根
  15. M. Iwamoto, S. Oiki
    Envisioning the Ion Permeation Process through the KcsA Potassium Channel Using the Cycle Flux Algebra
    新学術領域研究「揺らぎが機能を決める生命分子の科学」第5回公開シンポジウム,2012.1,奈良
  16. 炭竃享司
    K+チャネルでのイオンの捕獲半径とその濃度依存性
    特定領域研究「分子高次系機能解明のための分子科学‐先端計測法の開拓による素過程的理解」第15回ミニ公開シンポジウム「イオンチャネル研究の現状とこれからについて考える」,2012.1,大阪
  17. 清水啓史
    サブミリ秒時間スケールでのイオンチャネル構造変化の光トリガーX線1分子計測
    特定領域研究「分子高次系機能解明のための分子科学‐先端計測法の開拓による素過程的理解」第15回ミニ公開シンポジウム「イオンチャネル研究の現状とこれからについて考える」,2012.1,大阪
  18. 老木成稔
    KcsA研究のオーバービュー KcsAチャネルのイオン透過と選択性機構へのアプローチ
    特定領域研究「分子高次系機能解明のための分子科学‐先端計測法の開拓による素過程的理解」第15回ミニ公開シンポジウム「イオンチャネル研究の現状とこれからについて考える」,2012.1,大阪

2011

  1. 清水啓史,岩本真幸,今野卓,A. Royant,D. Setten,L. Guerin,老木成稔,M. Wulff
    イオンチャネル開閉構造変化の光トリガーX線1分子計測システムの開発
    第58回中部日本生理学会大会,2011.11,福井
  2. 岩本真幸,老木成稔
    脂質二重膜組成がKcsAカリウムチャネル活性に及ぼす影響
    第58回中部日本生理学会,2011.11,福井
  3. 松木悠佳,岩本真幸,清水啓史,老木成稔
    KcsAチャネルのpH依存性のマグネシウムイオンの効果
    第58回中部日本生理学会大会,2011.11,福井
  4. 三田建一郎,岩本真幸,老木成稔
    KcsA チャネルのイオン選択制機構:フィルタ入口のLi+に対するバリア
    第58回中部日本生理学会大会,2011.11,福井
  5. 炭竈享司,老木成稔
    計算機シミュレーションで見るイオンチャネルにおけるイオン透過
    第58回中部日本生理学会大会,2011.11,福井
  6. 老木成稔,岩本真幸,炭竈享司,三田建一郎
    イオンチャネルの透過を捉える:流れるイオンと水分子の配列を見る
    第58回中部日本生理学会大会,2011.11,福井
  7. 岩本真幸,老木成稔
    KcsAカリウムチャネルの開閉に対する脂質二重膜組成の影響
    第49回日本生物物理学会年会,2011.9,姫路
  8. H. Shimizu, M. Iwamoto, T. Konno, A. Royant, D. Setten, L. Guerin, M. Wulff, S. Oiki
    X線1分子計測法によるカリウムイオンチャネルの1分子ダイナミクス計測
    第49回日本生物物理学会年会,シンポジウム「膜タンパク質の構造変化を研究するための新しい実験ツール」,2011.9,姫路
  9. 炭竈享司,斉藤真司,老木成稔
    Role of Central Cavity in Ion Permeation through K+ Channel
    第49回日本生物物理学会年会,2011.9,姫路
  10. 炭竈享司,斉藤真司,老木成稔
    K+チャネルでのイオン透過における中心空洞の役割とその濃度依存性
    分子科学討論会,2011.9,札幌
  11. T. Sato, M. Hirose, K. Mita, K. Tsugita, Y. Matsuki, K. Seki, Y. Yasuda, T. Murakami, H. Kawakami, K. Shigemi
    Decreasing the dose of propofol by 25% to maintain a specific BIS value at the time of Pringle operation during hepatectomy
    3rd World Congress of Total Intravenous Anesthesia & Target Controlled Infusion, 2011.4, Suntec City (Singapore)
  12. H. Shimizu
    Recordings of Gating Motions of the KcsA Potassium Channels in a Single Molecule Level
    “New Developments in Time-Resolved Studies with Synchrotron Radiation” Structural Dynamics Workshop of the ESRF Users’ Meeting, 2011.2, Grenoble (France)
  13. 瀧波慶和,三田建一郎
    ヘルメット型マスクが有効であった小児の2症例
    第38回日本集中治療医学会学術集会,2011.2,横浜

2010

  1. H. Shimizu
    Gating Motions of KcsA Potassium Channel Measured in a Single Molecule by Diffracted X-ray Tracking Method
    Séminaires at Institute of Physics in University of Rennes 1, 2010.12, Rennes (France)
  2. 老木成稔
    KcsAカリウムチャネルのイオン透過とゲーティング
    次世代スーパーコンピュータプロジェクト・ナノ分野グランドチャレンジ研究開発 ナノ統合拠点・第20回連続研究会・イオンチャネルNo.2,2010.12,福井
  3. 岩本真幸
    新奇βへリックス型ペプチド・ポリセオナミドBのイオンチャネル活性
    次世代スーパーコンピュータプロジェクト・ナノ分野グランドチャレンジ研究開発 ナノ統合拠点・第20回連続研究会・イオンチャネルNo.2,2010.12,福井
  4. 炭竈享司
    K+チャネルにおけるイオンの透過パターンの解析
    次世代スーパーコンピュータプロジェクト・ナノ分野グランドチャレンジ研究開発 ナノ統合拠点・第20回連続研究会・イオンチャネルNo.2,2010.12,福井
  5. 炭竈享司、斉藤真司、大峰巌
    モデルチャネルでのイオン透過におけるエネルギーとエントロピーの役割
    第24回分子シミュレーション討論会,2010.11,福井
  6. 岩本真幸,清水啓史,村松郁延,松永茂樹,老木成稔
    新奇異常ペプチドの一方向膜挿入による一価陽イオン選択性ポアの形成
    日本生物物理学会第48回年会,2010.9,仙台
  7. 炭竈享司,老木成稔,斉藤真司,大峯巖
    K+チャネルにおけるイオン透過の微視的機構の濃度依存性
    日本生物物理学会第48回年会,2010.9,仙台
  8. H. Shimizu
    Gating motions of KcsA potassium channel detected in a single molecule
    Seminars in Institut de Biologie Structurale, 2010.9, Grenoble (France)
  9. H. Shimizu
    Conformational changes of KcsA potassium channel during gating detected in a single molecule
    Scientific Highlights of Soft Matter Science Day (European Synchrotron Radiation Facility), 2010.9, Sassenage (France)
  10. 老木成稔,清水啓史,岩本真幸,松木悠佳,今野卓
    KcsAカリウムチャネルのpH依存性ゲーティング:構造―機能1分子測定
    生理学研究所研究会「作動中の膜機能分子の姿を捉える ― 静止画から動画へ ―」,2010.9,岡崎
  11. 松木悠佳,岩本真幸,三田建一郎,老木成稔,重見研司
    カリウムチャネルと揮発性麻酔薬の分子作用―脂質平面膜法による実験系の確立をめざして―
    日本麻酔科学会東海・北陸支部第8回学術集会,2010.9,福井
  12. 三田建一郎,瀧波慶和
    Helmet型マスクが有効であった小児術後無気肺の1症例
    日本麻酔科学会東海・北陸支部第8回学術集会,2010.9,福井
  13. 老木成稔
    KcsAチャネルのpH依存性の一分子計測
    特定領域研究・「高次系分子科学」第9回ミニ公開シンポジウム,2010.8,三原
  14. 柳澤実穂,岩本真幸,加藤絢子,吉川研一,老木成稔
    非対称脂質組成ベシクルへのKcsAチャネルの方向性挿入
    特定領域研究「高次系分子科学」第9回ミニ公開シンポジウム,2010.8,三原
  15. H. Shimizu
    Global Twisting Motions of KcsA Potasium Channels upon Gating
    Seminar in PSB Carl-Ivar Brändén building, 2010.7, Grenoble (France)
  16. 老木成稔
    KcsAチャネル蛋白質の1分子測定による構造ゆらぎと機能ゆらぎの相関
    新学術領域「揺らぎと生体機能」平成22年度合同班会議,2010.6,加賀
  17. 次田佳代,上田雅史,古川ひろみ,佐藤倫祥,三田建一郎,関久美子
    寒天と電気回路を利用した超音波ガイド下穿刺シミュレーターの有用性
    日本麻酔科学会第57回学術集会,2010.6,福岡
  18. 清水啓史
    エックス線1分子計測法によるイオンチャネル準安定状態の観測
    新学術領域「過渡的複合体」キックオフミーティング,2010.5,小淵沢
  19. 岩本真幸,清水啓史,村松郁延,松永茂樹,老木成稔
    海綿由来細胞毒性ペプチドポリセオナミドBのイオンチャネル活性および細胞膜挿入機構
    第87回日本生理学会大会,2010.5,盛岡
  20. 松木悠佳,岩本真幸,清水啓史,老木成稔
    不活性化しない変異体であるE71A変異体を用いたKcsAカリウムチャネルのpH依存性
    第87回日本生理学会大会,2010.5,盛岡
  21. M. Iwamoto, H. Shimizu, I. Muramatsu, S. Matsunaga, S. Oiki
    A cytotoxic peptide from a marine sponge, polytheonamide B: I. Channel activity and vectorial insertion into the membrane
    Biophysical Society 54th Annual Meeting, 2010.2, San Francisco (USA)
  22. M. Iwamoto, H. Shimizu, I. Muramatsu, S. Matsunaga, S. Oiki
    A cytotoxic peptide from a marine sponge, polytheonamide B: II. Properties for ion conduction and voltage dependent gating
    Biophysical Society 54th Annual Meeting, 2010.2, San Francisco (USA)
  23. T. Sumikama, I. Ohmine, S. Oiki
    Microscopic mechanism of ion permeation through K+ channel
    Biophysical Society 54th Annual Meeting, 2010.2, San Francisco (USA)
  24. Y. Matsuki, M. Iwamoto, H. Shimizu, S. Oiki
    pH-dependent gating of KcsA potassium channel
    Biophysical Society 54th Annual Meeting, 2010.2, San Francisco (USA)
  25. M. Kuno, H. Ando, H. Morihata, H. Sakai, H. Mori, S. Oiki
    Temperature dependence of proton permeation through a voltage-gated proton channel in microglia
    Biophysical Society 54th Annual Meeting, 2010.2, San Francisco (USA)

その他刊行物

2010

  1. 老木成稔
    蛋白質1分子構造変化のリアルタイム追跡法の展開
    福井大学重点研究成果集・明日への挑戦 (2010) 8-9
  2. 今野卓
    疾患関連ペプチド凝集における動的微細構造解析法の確立
    福井大学重点研究成果集・明日への挑戦 (2010) 52-53
  3. 清水啓史
    X線1分子計測法に適合するマイクロ流路測定装置の開発
    福井大学重点研究成果集・明日への挑戦 (2010) 30-31
  4. 岩本真幸
    流動電位測定によるカリウムチャネルのイオン透過・選択機構の研究
    福井大学重点研究成果集・明日への挑戦 (2010) 54-55